TransTechとは、意識やマインド、精神や心理にはたらきかけパフォーマンスを高めるためのテクノロジーです。意識の覚醒といえば一般にはメディテーションが思い浮かぶ方が多いでしょう。これからはメディテーションの分野を皮切りに、TransTechが広まっていくと考えられています。

アメリカではこのような意識変容の技術(Transformative Technology)のフェスともいえるTrans Tech Conference(トランステック・カンファレンス) が開催されています。

2018年11月に開催されたトランステック・カンファレンスでも、

  • メディテーション中の脳波を測定することでより良いメディテーション状態に導く“MUSE”という測定器
  • メディテーション状態のビジョンをVRで映像化し、最適なメディテーション状態へと導くVR関連のテクノロジー

などが多く出展されていました。

私たちも、2018年11月にアメリカで行われたトランステックカンファレンスに唯一の日本企業として出展し、そのほかのメディテーションテクノロジーとは少し違うものを提案いたしました。私たちがメディテーションテクノロジーとして出展したのは、Surf Bedというものです。体験者からは、次のような感想がありました。

It felt very relaxing.
とってもリラックスできました。

Like when you’re a kid on a road trip and the car is bouncing and you’re just starting to fall asleep
子どもの頃の長旅で車が弾んでいて、ちょうど眠りに就くような感じです。

and sort of like when you’re listening to a white noise machine or
ホワイトノイズの機械から出る音を聞いているようにも感じました。

some other thing that is sort of taking all the thoughts out of your head.
他には、頭の中からすべての思考を取り払った感じです。

Yeah, it was good. It was very nice.
そうですね、よかったです。とっても。

I’ve felt my muscles relaxed. I’ve felt my stomach relaxed.
筋肉がリラックスする感じです。胃もリラックスしました。

I noticed very quickly that there is, I’ve felt like maybe energy centers were awakened in my body.
横になってすぐ、体の内側でエネルギーの中心が覚醒するような感覚になりました。

and after I stood up and now a few minutes later, I still feel that energy awakened and moving in my body.
立ち上がって数分経った今でも、覚醒したエネルギーが体を巡っているのを感じます。

これは、当時開発されたプロトタイプのものとして出展されました。その後、下からの振動だけでなく、頭の上から振動を与えるハットロンという装置を開発しました。

このハットロンについては、トランステック・カンファレンスのすでにトランステックラボ所長のジェフリー・マーティン氏に体験していただき非常に高い評価を頂いたことで、体験した翌日にスタンフォード大学で紹介されました。現在、トランステックラボのほうでハットロンの研究がおこなわれています。また、上記のSurf Bedのほうもトランステックカンファレンスと関わりのあるメンバーが、現在具体的な実証実験を開始しようとしています。

関連記事