最高純度のシリコン単結晶と右巻きの水晶だけを組み合わせ、シーンを問わず身につけられるブレスレット「手名椎(テナヅチ)」として仕上げました。

シリコンについて

シリコンは「テラヘルツ鉱石」として一般には知られていますが、通常の市場に出回っている「テラヘルツ鉱石」は、液晶パネルや半導体に使用されるシリコン結晶の端材です。

なぜなら、国内工場で製造される世界最高水準の高純度単結晶のシリコン結晶は、インゴットのまま、市場に出回ることはありません。つまり、国内で製造されたテラヘルツ鉱石が、ブレスレットなどに活用されることはありませんでした。

netenでは、この特別なシリコン結晶を、弊社の企業理念に賛同してくださった協力者より入手し、ブレスレットに加工いたしました。

このシリコンは、世にあるどのブレスレットよりも高い「純度/結晶」を持っています。

最先端宇宙研究に不可欠な超高純度シリコン単結晶についてはこちらのレポートを御覧ください。

水晶との組み合わせ

水晶は古代からパワーストーンとされ、また宝飾品としても利用されることが多い鉱石です。

また電気電子の分野では、人工的に結晶化させた不純物の少ない結晶構造の整った人工水晶が使われるなど現代社会になくてはならない物質です。

手名椎(テナヅチ)では、超高純度シリコン単結晶と水晶を組み合わせです。

電子部品の水晶発振子としての水晶の性質を活用し、極めて精確に整った結晶構造から生まれる潜在エネルギーを有するシリコンと相互作用させることで、ブレスレット使用者の意識を調整する働きが期待されます。

タキオンコイル

D-Water Technologyで水への情報記憶技術として利用される最新機種のロゴストロン信号発信機に採用されているのが「タキオンコイル」です。

タキオンコイルにもテナヅチと同等レベルの超高純度シリコンと水晶がロゴストロン信号の発信効果を高める技術として採用されています。

SHOP

TENAZUCHI

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。