Technology

neten Transformative Infrastructure

Tech ID:700 D-Water [水をデザインする]

水の可能性を追求する

原始の生命のはじめからあり、今も私たちになくてはならないもの。それが水です。
とりわけ水は、この地球上では三態を取る極めて稀な物質といわれています。水がなければ、人類はこの地球上に存在することができません。平均すれば人体の約7割は水、地球の地表の約7割が水であることからも、それは明らかではないでしょうか。

その観点から水は、まさに命そのものといえます。水を知らないということは、命を知らないということであり、命の源がわからなければ、人類に内在する本来の力を引き出すことはできません。

古の人々はそうした水の力を神と呼び、水に生かされているということをとても感謝しながらいきてきました。日本は豊かな水の国であり、古来先祖たちが水を神として崇めてきたことは、すべて私たちのDNAに刻まれています。

私たちは、水のもつ特性と可能性を、古神道における水の祭祀の話から、水の起源、水の科学、そしてその応用方法まで、幅広い角度から研究しています。

現代科学が水の機能を引き出す

私たちは、ロゴストロン信号を水に与えるとクラスレート・ハイドレート構造に変化することを確認しました。

ウクライナ、キエフ大学のヴィオロジミール・イヴァノピッチ・ヴィソンツキー博士はクラスレート・ハイドレート構造の水の研究の第一人者であり、クラスレート・ハイドレート構造を持つ水の性質として

  • 通常の水より3倍早く細胞に浸透する
  • 病原性微生物や乾癬異変細胞の増殖を抑制する
  • がん細胞の成長を抑制する
  • 免疫力を細胞レベルで増強させる

などの結果を実験によって検証されています。

また、リュック・モンタニエ博士(エイズ・ウィルスの発見者として2008年にノーベル生理学・医学賞受賞)により「水によるDNA情報の記憶」は実験により確認され、「水の情報記憶」に関しては科学的に証明されています。

私たちはクラスレート・ハイドレート構造が作り出すマイクロキャビティが情報の保持にも有効に作用すると考えて研究を進めています。

水の情報を書き換え「デザイン」する

ロゴストロン・テクノロジーは、情報空間を書き換える技術です。そして、水に記憶されている情報を最適に書き換え人類に、そして地球環境に貢献するために「デザインされた水」がD-Waterなのです。

D-Waterは、クラスレート・ハイドレート構造の水の持つ特性に加え、水に記憶される情報をデザインすることで

  1. 飲料水を活性化することにより細胞への水和作用を促進。ミネラルや栄養分を効率的に吸収することができる。
  2. 健康飲料・医薬品・化粧品なども同様に活性処理することによって有効成分を効果的に吸収することができる。
  3. 牛乳・ジュース・食用油・日本酒・ワイン等にも有効であり、食材としての消費期限の延長を可能にする。
  4. 雑菌の繁殖を抑制。食材や食器の洗浄、除菌消毒や洗顔・洗髪・入浴や洗濯にも効果的・脱臭作用も備えている。
  5. 腐敗作用を抑制・発酵作用を促進。味噌・醤油・ヨーグルトなどの発酵食品製造プロセスに活用することが可能。
  6. 微生物の活動を活性化。抗生物質等の医薬品原料を効率的に産生する技術として導入することが期待される。
  7. セメントやウレタンなど水を溶媒として利用する資材の製造に応用することが可能。
  8. 灯油・ガソリンなどの炭化水素化合物の加工プロセスに応用。燃焼効率の向上・燃費改善等の効果が期待される。

など多くの機能を有する水として飲料や食品の生産工程など様々な用途で利用されています。

関連書籍・資料

ウォーターデザイン – 水に秘められた「和」の叡智 –

D-Water(商品名:別天水)のみならず、水をテーマに神話知から得られた知の体系を起点に現代科学までを網羅しています。

水の本当の姿を知らずして、およそ70%が水でできている人類という種の謎は解けず、したがって人類の未来は描けない。できたとしても、それは極めて限定的、局所的な考察レベルにとどまるであろう。実は、そこに「ウォーターデザイン」が立ち現れた理由がある(監修者 七沢賢治

 

提供サービス一覧

サービスマップ

技術を詳しく知りたい方へ

Dウォーター・テクノロジーは以下の要素技術群から構成されています。

Tech ID:701 ロゴストロンを使った水への情報転写技術
D-Water Technologyが生んだ別天水とは? 報告者 七沢智樹 ,阿蘇 安彦 報告日 2019/05/05 私たちの身体は、大量の水でできています。 受精卵の時は 99% が水であり、生まれたばかりの赤ん坊は体重のおよそ90%、成人男性もおよそ70%が水分です。一生を通じて、人間はほとん ...
続きを読む
Tech ID:702 タキオンコイルによる情報転写技術
報告者 七沢智樹 ,森田雄一郎 報告日 2019/05/05 リアルタイムオペレーティングの極致、「ウォーターデザイン」の極致を追求した「その場で水をデザインするウォーターサーバー」MiKameに搭載されているのが、タキオンコイルによる情報転写技術です。 netenは、水のもつ「情報を保持する機能」 ...
続きを読む
体験する!
投稿が見つかりませんでした。

 

事例紹介
日本刀の製作にD-Waterが応用されました[D-Water Lab/レポート263]
報告者:阿蘇安彦 七沢智樹 報告日:2018/09/21 刀工 伊藤重光氏が製作した、横綱稀勢の里土俵入りに使用される「太刀」の製作過程でD-Waterが使用され、難しいとされる隕鉄による日本刀の製作 ...
続きを読む
D-Waterを導入したジェラートが国際コンテストで3位となりました。[D-Water Lab/レポート260]
報告者:阿蘇安彦 七沢智樹 報告日:2018/01/21 株式会社プレマ 中川信男社長イタリア「2018国際ジェラートコンテスト」で2部門同時受賞 2018年1月21日〜23日にイタリア・リミニで行わ ...
続きを読む
実験データ
「七沢研究所テスト水」の性格検証報告書 [D-Water Lab/レポート024]
報告日  2012/05/08 ゼトックス・ウッキンエッセンシャルウオーター 原水、原水(ロゴストロン処理済) 「七沢研究所テスト水」の性格検証報告書報告書作成日:平成24年5月24日 (文責者 中島 ...
続きを読む
製品
WaterDesign
Story of WaterDesign 水を究め、水を超える。 私たちは長年、水を研究し続けてきました。そして、水をクラスレート・ハイドレート構造に変化させるシューマン・ウェーブと、水が情報を記憶するという特徴に注目し、ロゴスロトン信号を水の情報デザインに応用しています。 ロゴストロン・テクノロジ ...
続きを読む

 

D-Water Lab- 研究開発の最新情報

D-Water Lab – 水