Technology

neten Transformative Infrastructure

Tech ID:300 neten Power Supply [電源供給]

デジタル世界を支える「電気」をエネルギーとして再考する

私たちは、今、日常的に、PCやスマホなどのデバイスを通して、「デジタル空間」を日常生活の中に溶け込ませて生活しています。もはや、自然のみの生活を捨て、デジタルデバイスとそれが生み出すサイバー空間が織りなすデジタルな空間を生活空間としています。そのデジタルな空間は、電源とサーバーが支えています。その電源やサーバーを、デジタル空間という人間の生息地を支える水や大地のようなものととらえた時、汚染されたものよりも、よりクリアで、エネルギーの高いものが、好まれるはずです。

「電気」は、エネルギー。その基盤を整える

電気というものは光の速度で伝わり、ありとあらゆるところに情報を届けます。その電気にはさまざまな情報が乗っています。それが原因でこちらにあるように事故が発生していたりします。(インバーター内のゲート電源装置からの高周波ノイズが原因となった電車事故の例)また原子力に関して様々な意見がありますが、例えば原子力発電所で発電された電気であれば原子力発電所のエネルギーの情報が非常に微細な振動として(減衰していますが)重畳されています。
それらの様々なノイズ情報が、皆さんのまわりの、あらゆる電化製品のみならず、床下、天井、壁に網の目のように張り巡らされた電線から発せられているのです。そういった情報に対する対応を行うことで、場の持ち力が変わってくるのです。

ロゴストロン.ACという技術

そこに関して様々な技術を開発しています。ロゴストロンACでは、音響用に使用されるWBトランスを使用しています。このWBトランスはパートナーのムジカコーポレーションさんが開発したもので、大手レコーディングスタジオや大物ミュージシャン達にも使用されている技術です。
一方で現在、家や事務所の電気にロゴストロン信号を重畳させたり、ノイズをカットする時にWBトランスという特殊な大型のトランスを使うのではなく、より簡単な方法で重畳させる方法を今現在研究開発しています。
技術を詳しく知りたい方へ

neten Power Supply技術は以下の要素技術群から構成されています。

Tech ID:301  LOGOSTRON.AC
TECH REPORT 006 ロゴストロンACのテクノロジー 報告者 堀内達朗 七沢智樹 報告日 2018/12/24 概要 このレポートでは、電気のノイズをカットする「LOGOSTRON AC」のテクノロジーについて、技術的な特性とメカニズム、具体的な導入事例までを報告します。 目次 電気がはら ...
続きを読む
体験する!
投稿が見つかりませんでした。
事例紹介
事例紹介:TAKURIモデルハウス -震館- [i-Tech Lab/レポート218]
住み心地の科学を極めたプロ集団が、住まいをイヤシロチにする 報告者 七沢智樹 報告日  2018/08/14 四季豊かな国土を持つ日本。その自然は、情緒を育み、言葉を育み、日本文化を育んできました。 ...
続きを読む
実験データ
LOGOSOUNDSYSTEM.体験アンケート解析[LOGOSOUND Lab/レポート265]
報告者:浅子雄一郎 七沢智樹 報告日:2019/05/13 1.はじめに 本稿は、2019年4月23日(火)GINZA SEVENにて開催したneten Labs meetingにおいて、賛助会員男女 ...
続きを読む
製品
LOGOSTORN AC
Transformative Electricity Technology ロゴストロンACは、現代文明を支える「電気」をトランスフォーマティブな(意識を変容させる)電気に変え、空間全体をエネルギーの次元からデザインするテクノロジーです。 トランスフォーマティブな電気が創造する「場」 経営者やクリエ ...
続きを読む