Technology

neten Transformative Infrastructure

Tech ID:400 i-Tech [イヤシロチ化技術]

場のエネルギーという課題への根本解決

世界に散らばる「住環境」を整える知恵を「宅理学」として統合・体系化し、現代テクノロジーで、手軽に、誰でも「居心地/住み心地」を改善する技術が i-Techです。i-Techは、家族の健康を守り、笑顔を増やし、パフォーマンスを発揮する「場」を整える技術です。

i-Techには、Theory(理論)とそのTheoryを実現するTechnology(技術)があります。

Theory of i-Tech

i – Tech  居心地/住み心地の物理法則

「居心地/住み心地」を科学していくと、生命とは何か、それを成り立たせている物理法則とは何なのか、という視点にたどり着きます。

これをnetenがベースとしている、Energy-Materialの間の物理法則にInformationを加えた、

「Information-Energy-Material/Water」の三角形の構造

で、捉えなおすと、「居心地/住み心地」という曖昧な感覚でさえ、その必要項目が浮かび上がってきます。

私たちは、この三角構造をベースとしたDCT(Digital Consciousness Technology)を土台に、「居心地/住み心地」の改善を行います。

人の意識が、居心地/住み心地を決めている

四季折々に表情を変え、きれいな水を当たり前に使える日本の環境は世界中から羨ましがられますが、住環境については例外のようです。

例えば、世界の中でも日本だけは、コンセントの形状がアースが取れない2口コンセントであることから、ヨーロッパの基準からは比べものにならないレベルの電磁波が、壁や床から発せられています(特に木造の場合)。また、シックハウスから、太陽光発電や高圧電線により発生する電磁波の問題だけではなく、地震が多い日本は、断層や水脈からくるジオパシックストレスの問題も顕著です。

こういった問題からは、目を背けたいものです。けれども、「居心地/住み心地」を改善するためのヒントは、実は足元に落ちています。例えば、何も物理的に変えなくても、そこで話をする人の意識が変わり、明るい会話で満ちれば、部屋もまたパッと明るくなるものです。

私たちは「意識の科学」であるDCTをベースに、住む人の“意識のありよう”から「居心地/住み心地」を改善するというアプローチを試みています。

プロダクトには、ロゴストロンテクノロジーのみならず、こだわり抜いた素材と技術を使用しています。

中心となる素材である「炭」は、世界でただ一人、人里離れ、御神事として山にこもって炭を焼く伝統的な方法を現代においても貫く、炭焼職人 原伸介氏の貴重な白炭(世界一高い単価と言われる)を、ミクロン単位に砕いた粉末を使用しています。

 

製品
i-Tech Product
Concept of i-Tech Product 住み心地・居心地を科学して、すべての空間をイヤシロチにする。i-Tech ソリューション。 netenは、「ヒューリスティック(経験則的)」で、「非言語」な主観的な感覚である住み心地や居心地を、Energy-Materialの間の物理法則にInfo ...
続きを読む
IsakArt ∞ LOGOSTRON
Information i-Tech: Art-Technology アートが空間を変える 造形物、水彩画、写真作品など、芸術家たちが手法を変え表現するのは「意識」です。  同じものが目の前にあっても、芸術家はそのモノを成り立たせている空間や、そのモノの裏側の様な見えない場所を見たり、見るスケールや ...
続きを読む
LOGOSOUND 音源提供
Concept of LOGOSOUND ロゴストロン信号は、音素に対応した波形に変換され発振されます。しかし、その信号波は可聴領域外の低周波であり、ごく一部の敏感な方を除いて、その音は見ることも、聞くことも、感じることもできません... LOGOSOUNDは、いわばロゴストロン信号を【見える化】し ...
続きを読む
LOGOSOUNDSYSTEM.
Concept of LOGOSOUNDSYSTEM. ロゴストロン信号と音楽の融合によって生まれたLOGOSOUND。 その音は、人間の魂を震わせ、意識を開く。その進化は留まることなく、無限に進化を続けてゆく…。 意識を開く音があるのなら、それを視聴・体感するのに相応しい音響システムの構築を私たち ...
続きを読む
WaterDesign
Story of WaterDesign 水を究め、水を超える。 私たちは長年、水を研究し続けてきました。そして、水をクラスレート・ハイドレート構造に変化させるシューマン・ウェーブと、水が情報を記憶するという特徴に注目し、ロゴスロトン信号を水の情報デザインに応用しています。 ロゴストロン・テクノロジ ...
続きを読む
提供サービス一覧

サービスマップ

技術を詳しく知りたい方へ

i-Techは以下の要素技術群から構成されています。

Tech ID:401 六角炭素技術
i-Tech -イヤシロチを創り出す技術 報告者 七沢智樹 報告日 2019/05/03 Information-Energy-Materialをすべて同時に最適化する特許技術が、六角炭素にロゴストロン・テクノロジーを応用したi-Techの六角炭素技術です。 植物が枯れてしまう環境と、植物がいきいき ...
続きを読む
Tech ID:402 ロゴサウンドオーディオによる空間調整技術
報告者 七沢智樹 報告日 2019/05/03 Information - 意識が「居心地/住み心地」に与える影響 - Infomationすなわち「情報」が意識をつくります。その情報を「音空間」から整えるのがLOGOSOUND Technologyです。 LOGOSOUND Technologyの ...
続きを読む
Tech ID:403 ロゴストロンACによる電気から空間を変える技術
報告者 七沢智樹 報告日 2019/05/03 Energy - 最適なエネルギー環境 - 現代社会を動かすエネルギーである「電気」を整えることで、住環境を整える。それがロゴストロンACです。 電気の浄水器とも言える、ロゴストロンACの技術詳細はこちらから Tech ID:301 LOGOSTRON ...
続きを読む
六角炭素技術プロダクトパートナー
井上 匡弘 氏 発明の名称「土壌改質体」発明者(特許番号:2903300) i-Techのコア技術である「六角炭素技術」は、六角形に整形した炭素に永久磁石を組み合わせた「土壌改質体」の特許技術をベースに井上さんと共同開発したテクノロジーです。 井上さんは、スポーツ用品のミズノ株式会社のためにミズノで ...
続きを読む

体験する!
投稿が見つかりませんでした。
事例紹介
日本の原風景の再生 ふとまにの里とi-Tech[i-Tech Lab/レポート259]
報告者:七沢智樹 報告日:2018/06/21、2019/9/11 更新 日本の原風景である「里山」を復活させたい neten株式会社では日本人の原風景となる里山「ふとまにの里」を実現すべく、自社敷地 ...
続きを読む
人、地域、自然の共生の場を作る。ふとまにの里の東屋ができるまで。 [i-Tech/レポート273]
報告日: 2019年8月27日報告者: 高森 紗津樹、竹内 健、田京剛(編集) ふとまにの里の新たなシンボル 日本の原風景。 起伏のある丘と森。その間を縫うように、木と石と土で自然に作られた小川が流れ ...
続きを読む
d.M導入による医療施設の環境改善[digital Meditation Lab/レポート256]
報告者:石原政樹 七沢智樹 報告日:2018/11/10 医療法人 彩清会 清水病院 様 「次世代にイヤシロチを贈る」、 そのビジョンに共鳴し、即座にイヤシロチ化施工を実施。 LOGOSTRON ...
続きを読む
「寺院3.0」— 生活に密着した仏教の新しい役割[i-Tech Lab/レポート255]
報告者:石原政樹 報告日:2018/11/10 文禄二年(1593)、伊那市高遠の桂泉院二世竹庵栄嫩(ちくあんえいどん)大和尚の開山と伝わる、 長野県伊那市にあるお寺、曹洞宗洞泉寺(とうせんじ)。 ...
続きを読む
ベンチャー製薬会社でのLOGOSTRON Tech/i-Techを用いたコンサル事例[i-Tech Lab/レポート254]
報告者:石原政樹 七沢智樹 報告日:2018/11/10 オリジナル化粧品ブランドを中心に、女性からの支持が高く 堅調な成長を続ける一方で、社長の能力の高さに社員がついていけず、 思うよ ...
続きを読む
事例紹介:TAKURIモデルハウス -震館- [i-Tech Lab/レポート218]
住み心地の科学を極めたプロ集団が、住まいをイヤシロチにする 報告者 七沢智樹 報告日  2018/08/14 四季豊かな国土を持つ日本。その自然は、情緒を育み、言葉を育み、日本文化を育んできました。 ...
続きを読む
i-Techで転換期を乗り切った食品会社の事例[i-Tech Lab/レポート262]
報告者:木下拓哉 七沢智樹 報告日:2018/05/31 山梨県内で雑穀を販売するA社様がイヤシロチ化を目的として、本社敷地内、工場内にロゴストロンとカグヅチを設置されました。 加工食品の製造も含め、 ...
続きを読む
事例紹介:農地が蘇る -ロゴファーム- [i-Tech Lab/レポート202]
ロゴファーム里吉(田畑、ぶどう園) 劇的な土地改良と一年目にしてありえない収穫量 報告日  2017/12/15 甲府市里吉にある祝殿と第二祝殿に挟まれた、1800坪のブドウ畑。この土地を「ふとまにの ...
続きを読む
事例紹介:i-Tech導入で風水的に良くない場が神社のように! -ジャパンホテルズ様- [i-Tech Lab/レポート201]
いつもの社屋が清々しい空間に 報告日  2017/11/14 導入前に訪問すると、風水的に見ても、地下に川が流れていてジメジメして風も通らない、半地下のような構造だった社屋でした。 そこに、LOGOS ...
続きを読む
震災復興の象徴として地域社会の発展に貢献する -木の屋 石巻水産様-[i-Tech Lab/レポート258]
報告者:木下拓也 報告日:2017/06/21 震災前より業績がアップ! 震災からのV字回復の軌跡 復興が難しい現実の中で東日本大震災から6年(2017年当時)。被災地は、もともと水産加工業が盛んな地 ...
続きを読む
実験データ
投稿が見つかりませんでした。

 

i-Tech Lab – 研究開発の最新情報

i-Tech Lab – イヤシロチ