Mind Processor Institute - 精神/心理

情緒のシステムを解明し自己超越へ

既存の心理学から除外されたワード、「情緒」。
この「情緒」という言葉の意義を、もう一度心理学の土台において、
議論する必要があるのではないか?

なぜ、「情緒」が除外されているのか。それは、日本独特の概念だからです。
日本に古来より息づく叡智(神話/神道/文化等)を、背景とした、新しい「心理学」のあり方が求められているのではないか?

私たちは、その「情緒」の働きを解析し、身体から精神へとつながる階層構造の中で、「システマティック」に問題を解決する「Mind Processor」を提案しています。

また、技法として、神道における「鎮魂(そのものが持つ本来の働きを発揮させること)」のテーマを、メディテーションとして昇華させた「digital Meditation」を推奨しています。

Mind Processor Instituteとは?

認知科学における知覚/認知/認識や、心理学における情動/感情/気分をもってしても説明され得ない領域としての「情緒」とは何か・・・

その情緒を明らかにし、システムとして捉え、情緒の働きを最適化するプロセッサーを開発することを目的としています。

日本特有の情緒に特化して、心の問題解消のプログラムをつくることを目的とし、Mind Processor(マインドプロセッサー)という概念を提唱し、そのための技法としてd.M(デジタルメディテーション)やVRなどの手法を提唱していく。

Theory/Model

  1. 内外情報伝達の「タマ」モデル
  2. 「情緒」という心理学に存在しない機能について
  3. 「情緒」というプロセッサー/プラットフォームの働き
  4. 「身体-情緒-精神-社会-宇宙」の階層的連携構造
  5. 五情(畏、悔、恥、省、覚)による情緒の統合
  6. 五魂(荒魂、和魂、幸魂、奇魂、精魂)による精神の統合
  7. 心的働きと「五魂」の関係の理解
  8. 心的働きと「五情」の関係の理解
  9. 自己/他者の階層構造論(自己内自己など)の理解
  10. 強い観念と「霊」の憑依の理解
  11. 五階層論から人間を見る
  12. 結合プロセッサーとしての情緒平面の育成
  13. 結果としての対人関係の問題、心理的症状(うっ滞)の解消、軽減

心理学用語として「情緒」の働きを解析し、システムとして捉える新しい心理学の体系の考察の中で生まれた、日本神話や神道概念をナラティブにおいて、意識を科学するための理論的背景を構築し、人文諸科学を統合することで、意識/意志/神/霊/精神/心/魂/情緒/感情/身体/五感/神経伝達/細胞/発生学/命運/遺伝etc、「Mind」を形成、運用するための、あらゆるファクターに関して行った概念的アプローチの成果を統合することで誕生した統合的にMindをProcessorとして捉える概念体系(概念装置

西洋心理学派のルーツは?
アンチ・ユダヤ・キリスト教 → 精神分析学、ユング心理学

近代科学主義 → 行動主義、認知行動療法、アカデミックな心理学

シャーマニズム・魔術 → 催眠療法

ギリシャ哲学→哲学、現象学 → アドラー心理学、人間性心理学他

ポストモダニズム → システムズ・アプローチ、ナラティブ・セラピー

日本発の心理療法:内観療法(浄土真宗の影響)、森田療法(あるがままの思想)他

西洋の心理学と東洋の進学の統合を目指す動き:トランスパーソナル心理学他

どの流れにも日本神道は入っていない

Practice
ロゴスカウンセリング
ロゴス発達心理学 → チャイルド・アーツ・アカデミー
ロゴスコーチング

Method
デジタルメディテーション:鎮魂、五魂の統合
公(おおやけ)志向認知療法の開発 Ooyake Oriented Cognitive Therapy
:5階層構文による認知の客観視、変容

五情/五魂の働き評価シート(仮)の開発
新しい技法、ワークの開発
既存の心理学、心理療法、カウンセリング、コーチング等との併用、統合

Model:神魔人獣 Shin-Ma-Jin-Ju

Program:MPI-Program

Loading...