Japanology Institute - 日本文化

※ 冒頭の写真は、元横綱稀勢の里の横綱昇進時に依頼を受け制作した太刀 詳細はこちら(日本刀の製作にD-Waterが応用されました[D-Water Lab/レポート263]

創造的新日本文化

Integrating the East and the West

Concept

neten株式会社の創設者であり、和学国際センター代表である七沢賢治は、若き日に、「言語学」「鎮魂」の教えを奈良毅氏から、「言霊学」の教えを小笠原孝次氏から、「神道(伯家神道)」の教えを高濱浩氏から、それぞれ7年以上かけて学び、この日本に古くから一子相伝で伝えられてきた真伝を伝授されています。このことは、 neten株式会社のアイデンティティに強く影響を与えています。

neten株式会社は、日本人としての使命を果たすことを企業理念のひとつとして掲げています。

私たちは日本人である以上、必然的に日本文化を土台にして思考します。 それゆえ、日本人が意識進化を遂げるためには、日本文化そのものを「創造的進化」させることが必須です。

では、日本文化の創造的進化とは何なのでしょうか。

東西文明はおよそ800年周期で盛衰を繰り返しており、現代文明はその交代期のまっただ中にあるといわれます。

しかし、今回の文明の移行は従来の延長上にあるとは考えられません。なぜなら、昨今の革命的ともいえる情報の急速な拡散、物流の高速化により、文明を分かつ大きな要素である「時間と距離」が役割を失いつつあるからです。

今、人類は、東西文明の融合を体験しているといえるでしょう。

日本は過去の歴史において、他国の文化を二項対立で捉えるのではなく、受け入れ、消化することにより、自他を統合したまったく新しい文化を生み出してきました。

今、日本人が成すべきことは、国家レベルで成し遂げてきた「文化の統合」を「文明の統合」へと拡大することです。それこそが、日本文化の創造的進化であり、日本という国が存在し続けてきた創造意志であるといえます。

neten株式会社は、日本人の特性の根幹をなす日本語がもつ「事象を具現化する力」を論理的に解き明かし、汎用化する技術開発に成功しました。

人類はすでに、文明の統合という巨大な課題をテクノロジーによって解決する時代へと突入したのです。

Concept

In his early days, NANASAWA Kenji, founder and representative director of neten Inc., learned old Japanese teachings, for seven years for each, that had traditionally been transmitted only to a single pupil from the master:

  • Linguistics and the Shinto meditation from Mr. NARA Tsuyoshi
  • Genreigaku, a study of the spirits of Japanese language, from Mr. OGASAWARA Koji
  • Shinto (Shirakawa school of Shinto) from Mr. TAKAHAMA Hiroshi

This experience has exercised a great impact on the identity of neten Inc..

One of the corporate philosophies of Nanasawa Institute is to fullfil a mission as a Japanese.

It is natural that we Japanese think based on Japanese culture. Therefore, in order to achieve conscious evolution, our culture needs to undergo a creative evolution .

Then, what does a creative evolution of Japanese culture mean?

It is said that human civilizations have repeated rise and fall on approximately 800 years’ cycle, centering on the East and the West alternately, and we are in the midst of the transition period.

However, this transition is not supposed to follow the traditional pattern, because rapid spread of information and speed-up of logistics overwhelmingly decreased the function of time and distance which has divided those civilized and those uncivilized.

It not exaggerate to say that humankind is experiencing the fusion of the East and the West.

In past history, Japan continued to create a new culture by embracing other cultures, and successfully integrated them with its own culture, not merging with them on a dichotomic attitude.

What Japanese people should do now is to extend the “integration of cultures” that we have achieved at national level to the “integration of civilizations”.

That is exactly the creative evolution of Japanese culture, or NEO Japanesque.

Focusing on Japanese language as the backbone of Japanese people’s identity, neten Inc. logically demystified the language’s function of embodying a human will, and managed to develop a technology to generalize the function for public use.

Humankind has already entered an era in which technology solves the huge challenge of integrating civilizations.