Information i-Tech: Art-Technology

アートが空間を変える

造形物、水彩画、写真作品など、芸術家たちが手法を変え表現するのは意識です。

 同じものが目の前にあっても、芸術家はそのモノを成り立たせている空間や、そのモノの裏側の様な見えない場所を見たり、見るスケールや光の陰影を変え、そのモノの「本質が立ち現れる瞬間」をインスピレーションとして捉え、“意識の世界観”を物理空間にアートという形で再現します。 

そこにあるだけで空間を変えるようなアート作品は、意識が創り出した情報を常にその場に発し続けるため、見る人の意識と心に響くのです。

 i-Techでは、このようなアート作品がもつ「意識の情報」に加え、ロゴストロン・テクノロジーで情報を書き込んだチップをチタンプレートに搭載し、チタン酸化膜の光触媒効果による電子放出を利用したエネルギーにより空間の情報場に影響を与えます。

Art Tech Labでは、意識とアートの研究を通し、「直感」や「インスピレーション」の起源を研究しています。 ロゴストロン・アート・テクノロジーの詳細はこちらhttps://neten.jp/neten-lab/art-tech-lab/

SHOP

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。