そこはまるで異空間。
頭蓋骨、脊髄、仙骨を統合的に整え
「情報」を意識時空間に畳み込むテクノロジー

ハットロン 
-頭蓋振動装置 Cranio Vibration Device

ハットロンは、結晶化チタンの振動特性を通し、ロゴストロン周波数を空気の振動に変えて頭蓋骨、脊髄、仙骨に伝えます。

脊髄液を振動させることで、中心から全身を緩ませると共にロゴストロン周波数と共振することで、瞬時に「空」の意識に導きます。

また、簡単な方法で頭蓋骨を適度に振動させることにより、クラニアル治療法と同様の効果が得られ、頭蓋骨を調整して脳髄液を調整し、流れをよくすることで免疫力を上げて、全身を健康にすることができます。

クラニアル(頭蓋)の重要性

頭蓋骨は、実は呼吸をしています。

個人差はありますが、頭蓋骨が1分間にたとえば5回とか膨らんで、縮んでというのを繰り返すことで、脳髄液を全身に送っています。

そのときに頭蓋骨がロックされていると、上手く脳髄液が流れません。

そのため、頭蓋骨を調整して脳髄液を調整し、流れをよくすることで免疫力を上げて、全身を健康にするというクラニアルという治療方法があります。

クラニアル(クラニオ)は「頭蓋」という意味で、日本語だと「頭蓋骨仙骨療法」で、頭蓋骨の歪みや緊張を取って、固くなっているところを柔らかくしたりします。

頭蓋骨は背骨に支えられていて、背骨の最も下には仙骨があります。この骨格構造は脊椎動物に共通で、人間もまた同じです。

脊椎を中心にして全身の神経回路が作られ、身体のバランスも頭蓋骨、脊髄、仙骨を柱としてバランスを取っています。

つまり、頭蓋骨から脊髄、仙骨までの柱を整えることで、健康に近づきます。

ヒーリングなどでは、チャクラがこれらに対応しています。1番から7番までのチャクラが、仙骨から脊椎、頭蓋骨までそれぞれに割り当てられていますので、ここを調整することは非常に重要です。

ボーンコンダクション理論

「ボーンコンダクション理論」では、「骨振動」により、脳が “リラックス” することが知られています。

この効果は、骨を振動させることによって中の脊髄液が振動し、中心から全身を緩ませることで起こると考えられます。

このときの脳波は、落ち着き感、 記憶力や集中力、記憶力の向上、ひらめきに関わる脳波であるα波やΘ(シータ)波が同時に計測される「変性意識状態」、いわゆる 「ゾーン」の状態となります。

netenでは、すでにこの理論をベースにした「LOGOSTON Surf Bed」を開発していますが、その技術と理論をクラニアルの調整に採用するため開発したのが「ハットロン」です。

クラニアルにアプローチするテクノロジー

ハットロンは、ロゴストロン周波数による骨振動でクラニアル(頭蓋骨)を調整し、意識変容を容易に促す装置です。

クラニアルの治療法では、頭蓋骨を触るときは優しく触り、ほとんど力を入れていないように感じるような圧で頭蓋骨を動かすのが一般的です。

このように、頭蓋骨の調整に必要とされるのは、直接的な強い振動ではなく、間接的な刺激です。従来の振動装置は、背骨などはある程度の刺激が必要な部位の骨振動を起こすために直接振動させる構造となっていました。

ハットロンに採用されている特許申請済みの技術は、簡単な方法で頭蓋骨を適度に振動させることができます。

この技術は、蝶形骨のような頭蓋骨の中でも後頭骨の底部の前方にあり、前方は鼻腔に達する入り組んだ場所にある重要な部分を緩めて体調を整えたいというニーズも対応できると考えます。

空気振動が頭蓋骨に最適な振動を実現

クラニアルではカイロプラクティックのように、バキバキと骨や関節を調整をすることはありません。頭蓋骨を触るときは、優しく触ります。ほとんど力を入れていないように感じるような圧で、動かしていきます。それが、クラニアルでありオステオパシーのやり方です。

そのため、頭蓋骨に直接骨振動を与えることはあまりよくありません。ダイレクトな刺激ではなく、間接的な刺激を与える必要があります。

しかし、世の中にある振動装置は基本的には直接振動させます。むしろ、背骨などでは、直接振動の強い刺激が必要な場合が多いからです。

そのなかで、私たちは「空気の振動」を使って、クラニアルを効率よく最適に振動させる装置を開発しました。

それが、Cranial Vibration Deviceである、「ハットロン」です。

ハットロンの特許申請技術

【課題を解決するための手段】この発明では、頭蓋骨を所定の距離を空けて覆う振動部材を振動させるようにした。

第1の発明では、電気信号を発生する「電気信号発生装置」と電気信号を機械的な振動に変換する「振動発生装置」が頭蓋骨から所定の距離を空けた状態に保ち、発生する振動を空気の振動を介して頭蓋骨に伝えるように構成されている。

 上記の構成によると、空気の振動を使って頭蓋骨を振動させるので、適度な振動により、効率よく最適に頭蓋骨を振動させることができる。

第2の発明:
電気信号を空気の振動に変える「振動部材」は、チタンの半球体状板よりなる。チタンは音の内部減衰率が低く、振動によって発生した波動を物質内部で吸収してしまうことなく、他の媒体に伝えやすい。また、半球体状の板で構成することで、頭蓋骨から適度な距離を保つことができる。このため、さらに効率よく最適に頭蓋骨を振動させることができる。

Tech 01:結晶化チタン製ボウル

内部減衰率が低く、振動を他の媒体に伝えやすい特性をもつチタンを振動版に採用しました。この音響特性は結晶化処理を施すことで更に性能が向上します。

チタンの音響特性

チタンは音の内部減衰率(※)が低く、振動によって発生した波動を物質内部で吸収してしまうことなく、他の媒体に伝えやすい性質があります。

特に、「結晶華飾処理」(※)を施されたチタン材はその特徴が顕著であることから、高域スピーカーの振動板や、チェロやギターなどの音響特性向上に応用されています。

頭蓋振動装置「ハットロン」ではこの結晶化チタンを振動板のボディに使用することで、ロゴストロン周波数を最適な形で体に伝える仕組みになっています。

※内部減衰率:個体に外力が加わり変形する際、個体内部の結晶粒子間の粒界面に滑り現象が発生、結晶粒界で摩擦することによってエネルギーが吸収される。これを内部減衰という。

※結晶華飾処理:新潟県燕市に本社を置く株式会社ホリエが独自に開発したチタンの表面処理法。陽極酸化法によりチタンの表面に陽極酸化皮膜の凹凸のある構造が光波を反射し、特定周波数帯のみが強調されて色として見えるものである。

結晶華飾処理されたチタン棒材で音響特性を計測したところ、通常のチタンに比べてさらに音響特性がよくなることがわかっている。

Tech 02:バイブロトランスデューサ

バイブロトランスデューサは、長年に渡って研究開発が続けられ、世界でもその性能を認められている、電気信号を機械的な振動に変換する体感音響システム装置で、既存の技術では困難とされていた40Hz以下の音域を再現することが可能です。

特に、20~50Hz帯域の微細な振動(生理的に心地良いとされる)を再現できるため、大地の響きを最適な形で身体に伝えることが可能です。

Tech 03:MUSICA Tech

音源の電気信号を増幅するアンプは、音楽マニアにも定評のあるMUSICAコーポレーションのサウンドアンプをベースに開発されました。

アンプの中に、TAKIONの音源が入ったSDカードとプレーヤーを内蔵し、スイッチを入れボリュームを上げるだけで、最初から「LOGOSOUND」による「振動」を体感いただけます。

また、外部音源をアンプに入力することで、内蔵されたSDカードプレーヤーから再生されるSIZIMA(またはTAKION)の音とミックスされ、すべての音源を、LOGOSOUND化された音源として、使用することができます。

使用方法:

*Surf Bedは別売りです。

Tech 04:LOGOSOUND

現代物理学では、137憶年前の宇宙創造の響き、47億年前の地球誕生の響きが、エネルギー、周波数として、いまもなお、この空間に響いていることが分かっています。

LOGOSOUNDは、その響き(振動)を増幅させることを目的に開発されました。

特に、ハットロンやLOGOSTON Surf Bedに導入されているTAKIONの響きは、「天の響き」(惑星(父韻・子音))の周波数)と「地の響き」(地球(母音)の周波数)からなります(約6~50Hz)。その響きは、耳で聴くというよりも、体で体感する振動といえます。

その振動は、人間の意識の五階層に作用する五行の響きであり、魂を鎮め(鎮魂)、意識を地に鎮める(グラウンディング)響きです。TAKIONを再生すると、私たちの意識を鎮めるのみならず、地球のエネルギーを鎮める「地鎮」の響きとして空間に浸透します。

関連記事