Digital Consciousness Technology

その最適なアプローチは、デジタルなテクノロジーを使って意識を最適化させる技術であるDigital Consciousness Technology(DCT)によって行われます。DCTは、一人一人のConsciousness-Spirit-Mind-Emotion-Bodyをそれぞれ最適化します。

This approach is made possible by our Digital Consciousness Technology, which optimizes these five layers of each person through state-of-the art technology of human consciousness.

E=mc2に代表されるEnergy-Materialの物理法則にInformationをプラスした宇宙物理法則の概念を研究し、そこから導き出される法則性を解析することで、Digital Consciousness Technology(DCT)は、誕生しました。

DCT was born by integrating our unique concept of information with the Einstein law, typified by E=mc2, and by analyzing the rules derived therefrom.

具体的には、1998年より研究開発を続けている暗号化技術を使った分散型ナレッジモデリングシステムであるナレッジマンダラ、VR技術を使った三人称視点VRライブシステム(特許出願済み)、数千人のコアユーザーを抱えるLOGOSTRONなどの技術があり、今も進化を続けています。

Specifically, there are following technologies, such as
– Knowledge Mandala, a Distributed-type knowledge modeling system that we have developed since 1998


– Third-person View VR Live System (patent pending) using VR technology – LOGOSTRON Technology, with thousands of enthusiastic users.

変化の激しいこの時代において、最先端テクノロジーのみならず、世界中の神話や日本古来の叡智の考え方を取り入れることで、これまでにない「意識にアプローチする普遍的な技術」を創造し、人類の意識進化に貢献するべく、今も日々、研究開発が続けられ成長している技術です。

In this age of intense change, we have created unprecedented universal technologies that can approach human consciousness, by introducing not only state-of-the-art technology but also myths of the world and ancient Japanese wisdom. With these technologies, we are advancing research and development and contributing to the evolution of human consciousness.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。