高野 雅子/KONO MASAKO

Research Fellow – 研究員

Profile

九州大学文学部国語学・国文学研究室 卒業

幼少期より読書を好み、国語科教員の道を志す。塾講師、高校教員として教育に携わる中で、すべての人がその能力を発揮するためには環境と心を整えることが重要であることを痛感する。

人が人として豊かに生きていくために必要な学びとテクノロジーの探求の中でneten株式会社を知り、今に至る。現在は人類の知の体系を整理・統合・発信する Public LOGOS-Chain のプロジェクト開発に携わっている。

Public LOGOS-Chain とは、 人類が築いてきた過去の膨大な概念によって 現代社会が形成されていることから、これらの概念・知識の理解とその運用を最適化することで諸問題の解消を図ることを目的としたプロジェクト。

知の体系が人類に与える影響を適切なものにするべく、 古今東西の医学・自然科学・社会学・哲学・文学・歴史といったあらゆるデータを収集し、Public LOGOS-Chain としてneten のテクノロジーと融合させている。

Projects

  • Logostudy-高速学習システム
  • LOGOSOLOGY
  • isonomiya

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。