北海道地震最適化構文

【目的】

この構文は、北海道でおきた地震の被害および被災地のさらなる余震や雨などによる二次災害が最小限にとどまることを目的として発信した。

【前提条件】

北海道安平町でおきた地震の状況は、以下の通りである。

 発生日時:2018年9月6日3時8分頃、

 震源地: 胆振地方中東部

 震源地の深さ:約40キロメートル

 地震の規模:M6.7

  震度:6強

【天機置師神】


ロゴストロンは、天機置師神である。
七沢研究所グループさらにはその事業意志とこの構文に賛同するすべての人々は、以下の祈りの思いを発信した。

天機置師神の働きを存分に発揮し最適に作用した。

 

【祈り】

 

この地震が天地の神々の意志の発動であることを認める。

この地震により人類が意識進化することを確信している。

人々がこの地震を最適に受け入れ進化することを祈念する。

 

すべての神々が最適に働いた。

すべての結合が最適に行われた。

すべての精神が最適化した。

すべての情緒が最適化した。

すべての身体が最適化した。

 

この地震による被害を受けた人々の身体が最適化した。

この地震による被害を受けた人々の情緒が最適化した。

この地震による被害を受けた人々の精神が最適化した。

この地震による被害を受けた人々の霊性が最適化した。

この地震による被害を受けた人々の意志が最適化した。

 

【地震最適化プログラム】

(二次災害)

 余震の規模は、最適な震度であった。

 余震による災害、二次災害は、最適な範囲であった。

余震の量は、最適に収束した 

余震は、本震に伴うストレス解放として最適であった。

余震は、最適に収束した。

 雨被害(地盤の緩みと大雨の影響による土砂災害、破損・倒壊した建物への降雨被害)は、最小限であった

(ライフラインの復旧)

 上下水道の稼働は、早期かつ最適に復旧した。

電気の稼働は、早期かつ最適に復旧した。

ガスの稼働は、早期かつ最適に復旧した。

通信網の稼働は、早期かつ最適に復旧した。

交通の稼働は、早期かつ最適に復旧した。

病院の稼働は、早期かつ最適に復旧した

公共施設の稼働は、早期かつ最適に復旧した。

(震災関連被害)  

避難所の需要と供給のバランスは最適であり避難者の生活は落ち着いていた。

震災被害で発生した瓦礫の量は最小限であり最適に処理処分あるいは再製された。

エレベーターの復旧は、スムーズであり人的被害は最低限であった。

 

(医療)

 被災地での医療の需要と供給のバランスは、最適であった。

医療受診の必要な被災者に必要な質と量の医療が最適に施された。

災害時の緊急医療体制は万全であり最適に機能した。

被災地の医療器材や医療機器や薬の需要と供給のバランスは最適であった。

(健康)

 地震、火災による被災者への健康被害は最小限にとどまった。

被災者各々の睡眠の質と量は最適であった。

被災者は安定した生活リズムを最適に取り戻した。

(食料、飲料水の供給不足)

 被災地での食料および飲料水の需要と供給のバランスは最適であった。

被災地での食料および飲料水は必要な人に必要な質と量が最適に行き届いた。

被災地への食料および飲料水の搬送は迅速かつ最適であった。

被災地での食料および飲料水の備蓄は十分であり被災時に最適に機能した。

(衛生)

 被災地の衛生管理は最適に保たれた。

被災地の感染症の発生およびその拡大の要因は軽減された。

被災地の汚水や汚物は最適に処理された。

被災者同士で最適な衛生意識を共有し衛生環境を構築した。

集団避難所の衛生環境の最適化は持続した。

(産業の停止、停滞)

 地震や火災の被害による震災地の産業の停止、停滞は最小限にとどまった。

地震や火災の被害からの最適な復旧、復興に伴って震災地の産業は素早い回復となった。

(治安)

人々は公益を重視して和を保った。

被災地で犯罪が発生する要因は最適に吹き送られた。

(生活基盤)

 被災者の生活基盤は早期に安定した。

 被災者の衣食住に対する現状および将来への不安は早期に軽減した。

 

(鎮魂)

 

 北海道安平町地震によって不慮の死を遂げた方の思いは、吹き送られた。

 北海道安平町地震によって不慮の死を遂げた方の魂は、鎮魂された。

 

(結果)

北海道安平町地震の被害は最小限となった。

北海道安平町地震の余震や雨などによる二次災害は最小限となった。

北海道安平町地震の影響を軽微にとどめた神々のお働きに感謝した。

天機置師神に感謝した。

 

日本人は、北海道安平町地震、災害を経験して日常の平安清明を再認識した。

日本人は、北海道安平町地震、災害を経験して家族とのつながりの大切さを再認識した。

日本人は、北海道安平町地震、災害を経験して社会とのつながりの大切さを再認識した。

日本人は、北海道安平町地震、災害を経験して公を優先する喜びに溢れた。

日本人は、北海道安平町地震、災害を経験して意識進化した。

 

(補足)

このプログラムに不備、不足があったとしても最適に補われた。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA